ぷらすぱろぐ

藤堂のお知らせブログです

スポンサーサイト 

スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- |  trackback: -- | comment: -- | edit

クリスタ使ってみました(長文) 

Memo |




実は先月末にCLIP STADIO PAINT EXを購入しておりまして。
↑のりんぱなをラフから仕上げまで全てクリスタで描いてみました。
普段SAIを使ってるので、SAIと比較したところのクリスタの使用感などを
覚え書き程度に書き起こして見ようかなと思います。
まだまだ勉強不足ですので間違っている部分はスルーしたってくださいw

*下準備
買ってすぐ書き味を試したのですが、長年SAIユーザーなので、
(デジタル描き始めてからずっとSAIなので7、8年ですね)
どうしてもその書き味がしっくり来ず。
そこでこちらを参考にさせていただいて、SAI風のペンを設定しました。

SAIでも鉛筆ツールをカスタマイズして自分用に使いやすいペンを作ったのですが、
それに近くなるように↑の設定をいじくって使ってます。
これでだいぶ描きやすくなりました。

ペンの種類は豊富ですし、ペンのテクスチャも非常に多いです。
また、ペン設定も細かくカスタマイズ性が高いですね。

ちなみにそのカスタマイズしたペンで描いた下書きがこちらです。


SAIを使って描いている絵にだいぶ近いと思います。
参考までに↓がSAIでの描画です。




*線画
このあといつものように、
ラフ(この工程はよくすっ飛ばします)→下書き(↑のやつ)→線画色分け→色塗り→仕上げ
という手順で描画しております。

線画も↑で作成したペンで描きましたが、
こちらではラスターレイヤー(SAIでいうところの通常レイヤーです)ではなく、
ベクターレイヤー(SAIでいうところのペン入れレイヤー)で描きました。

このベクターレイヤーとベクター用消しゴムがめちゃくちゃ優秀です。
(昨日のニコ生で使ってる人は少ないと聞きましたが…)
(ちなみに私はSAIでペン入れレイヤーはほぼ使用してません。曲線直線ツール使用時のみ)

SAIでは通常レイヤーとペン入れレイヤーとではそもそもツールが違ってしまうのですが、
クリスタのベクターレイヤーは補正が強くかかるくらいの違いです(と思います)
なにがびっくりしたかって、ベクター消しゴムなのですが、





これが本当にすごかったです。
ベクター消しゴムで「交点まで」の設定にしておくと、触れた線を交点まで消去してくれるそう。
ちなみにこの消しゴムはレイヤーを貫通するという素晴らしさw
私は髪とその他の部位とで線画のレイヤーを分けているんですが、
髪とかぶってしまった輪郭線を消したいとき、輪郭線にベクター消しゴムかけると
ちゃんと髪の線との交点まで消してくれました。ありがたすぎます。

また、レイヤーの補正も優秀で、
↑のリボンの端っこ、ちゃんと先が尖っているのですが、これ手書きでなく補正です。
キャプチャ

細かいことですが、私は割とかっちり線画を描くタイプなので、とても助かりました。
これは線画に関しては個人的にはSAIより相性がいいかなぁと感じました。


*色分け
クリスタは塗りつぶしが優秀、と聞いてたんですが、本当に優秀です。
多少線画繋がっていないところも感知して塗りつぶしてくれますし、はみ出しても最小限にとどめてくれます。
塗りつぶしツール自体に「編集レイヤーを参照」「他レイヤーを参照」等があります。

今回は、線画レイヤーを参照レイヤーに設定し、部位ごとに塗りつぶしていく方法で色分けしました。

この方法、ほんとに初歩的な方法なんですけど、私これ苦手なんですよね。
SAIで普段やるときは、部位ごとに範囲選択→マスク→色ダバァ、で分けています。
数ピクセル単位で塗り残しが出たときに、マスクの領域をいじればいいだけなので。
いちいちその部位の色取って…ってめんどくさいんですよ笑

塗りつぶしは優秀なのですがやはり数ピクセルの塗り残しは残ります…。
「囲って塗る」ツールを使いこなせればこれも問題ないのかもしれないですが、
私には使いこなせなかったです('、3_ヽ)_

ここに関してはもうちょっとお勉強の必要がありそうです…。


*色塗り
基本的にSAIと同じく、筆(不透明水彩)とぼかしor色混ぜツールを使っていく方法で塗りました。
ちなみに筆は、不透明水彩ツールを複製して、以下を参考にカスタマイズして使用しました。


ぼかしに関してはもっと設定を詰めないとぼかしすぎますし、
筆に関してももう少し色のびがほしいかなという感じ。
数値色々いじって試して見ましたがなかなか思うようにいかなかったです。
筆の混色加減はかなりいい感じでした。筆一本でぼかしまでやったほうがいいかもレベル。


*加工と仕上げ
大したことはせず、人物にグロー効果をかけ、背景は塗りつぶし、装飾ペンでキラキラとハートを散らしました。
先述の通りペンの種類が非常に豊富です。
個人的にはレースを描けるペンがこれから先お世話になりそうだなと感じました。素晴らしい。




…と、こんな感じでした。
結論としては、線画まではクリスタ、それ以降はSAIが効率的に最もいいかなぁというところです。
長年SAIと付き合ってきたのでなかなかこの書き味に勝るものはないですね…。
線画に関してはさすが最新イラストソフト、といった感じだったので、クリスタを使っていこうかなぁ。

結構ハイスペックなPCを使っているのですが、クリスタは64bit対応なので重いということもなく、快適でした。
(SAIは下手にレイヤー増やすと固まるので、レイヤーを増やさずに描く方法を日々研究してましたw)

今後白黒原稿でお世話になる予定なのでもっと使いこなせるようになりたいですね。


というわけでクリスタに関しての個人的雑感は以上です。
関連記事
スポンサーサイト
10:41 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://millionbell2011.blog137.fc2.com/tb.php/213-d1c90dcb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。