ぷらすぱろぐ

藤堂のお知らせブログです

スポンサーサイト 

スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- |  trackback: -- | comment: -- | edit

ずっと「控えめに言って最高」という表現を使いたいと思ってたんですが
正にこれでした、セーラームーン展。

ご無沙汰でございます。
最近ブログ書く気力もないほどに精神的に参ってるので(仕事で)
ずっとサボってたんですが今日のセーラームーン展でほんと元気になれたので
ほんとならTwitterでだらだら書きたいところですがこちらで。

私のお絵描きの趣味だとか恋愛や運命へのあこがれだとか、
現在までも持ち続けてる色んな部分をセーラームーンに形成されたと言っても
過言ではないくらいにのめりこんだ作品なんですよ、幼いなりに。

なので、会場に足を踏み入れた瞬間からもう最高でした。なんだよあれ!
写真持ってくるのめんどくさかったんで是非実際にみてきてほしいんですけど、
ばーっと広がる東京の景色をバックに11人のセーラー戦士のタペストリーがずらっと。
あれは壮観でした。あとうさぎちゃんのでっかいタペストリーほんと美しかった…

もう語るべきこといっぱいあるんですが一言で言えば「武内直子先生は(原作者)神なのか」と
結構真面目に!ガチで!思いました…
あれだけのモノを生成できるってもう神だよ…もっと言えばアニメスタッフも神だと思う…

絵を描く人間としてはアニメの設定画とカラー原画が本当に興味深かったですね。
カラー原画は本当にもう、アナログでここまでできるのか…!っていうクオリティの高さ…
溜息ついてる暇もないほど全てが素晴らしかったです。
見慣れてる絵が多かったのに、改めて原画をじっくり見ると沢山発見があって新鮮でした。

セーラームーンで育った人間にとって本当にたまらない空間でした…
セーラームーン好きでよかった…完全版ほしい…(金はない
スポンサーサイト
20:46 |  trackback: 0 | comment: 3 | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。